Communications

2010/02/05

オフ・おふ・OFF

先週、今週とたてつづけにOFF会に参加させて頂いた。

■第1回 よしむね塾ミニOFF
 1月24日の日曜日、塔四郎さん邸で行なわれた。
 参加者は、よしむねさん、よっしーさん、塔四郎さん、メインチャンスさん、私の5名。初めてお逢いする方々ばかり。しかし、ネットでお付き合いさせて頂いていたせいか、そんな感じがしなかったのが不思議だった。
 まずは、塔四郎さんのコレクション展示に驚かされた。
 次に、よしむねさんがカッコイイことに驚く。「石原軍団」ならぬ「よしむね軍団」の団長といったイメージ。
 メインチャンスさんのカスタムグリップ、カスタムナイフナイフにも驚く。ナイフのことはよく存じ上げないが、グリップは素晴らしかった。今まであまり興味がなかった類のグリップまで欲しいと思わせてしまう程だった。
 そして、よっしーさんのカスタムガンの数々にも驚かされた。なりより、トイガン知識の豊富なこと。ご本人は「トイガン歴が長いから」とご謙遜されていたが、そういった域を超えているとさえ思わされた。
 驚きの連続であった。
 トイガン談義は尽きることがなかった。

■自慢大会 in ホワイトハウス
 2月2日の火曜日、紳士!偽レーサーTさん邸で行なわれた。
 昨年、行なわれた「6月の嵐」につづき2回目の参加となった。
 参加者は、紳士!偽レーサーTさん、だいじそさん、あじゃさん、てるぱ大臣さん、よしむねさん、2501さん、ryochanさん、Jumoさん、よっしーさん、obi-wanさん、子連れ狼さん、フミンスキーさん、私の総勢13名。あじゃさん、てるぱ大臣さん、Jumoさんとは初対面だった。
 当日は、平日のためフレックス退社という方法もあったが、トラブル発生等で行けなくなるとつまらい、というか悔しいので、予め有休を取得し、万全の体制で臨んだ。
 しかし、前夜から雪が降り始めた。一瞬「こりゃ中止か?」とも思ったが、そこはTさんの日頃の行ないが素晴らしいお陰で、家を出る頃には雪はすっかりなくなっていた。(^^)

 お宅にお伺いする前にお電話をする約束だったので、Tさん邸の最寄駅に着いた旨をお伝えすると、愛車ぽるぽるで迎えにきてくださった。人生初のぽるぽる乗車となった。\(^o^)/
 予想を遥かに超えたカッコよさ。体に響くエンジン音。あの素晴らしさは言葉では表現できない。

 今回は、ホルスター自慢がテーマのひとつであった。
 それにしても、皆さん素晴らしいホルスターをお持ちで、ここでも驚かされる。
 ホルスターをあまり所有していない私は、羨望の眼差しで拝見した。あまり所有していないことを、Tさんの掲示板に書き込んだが、それを読んで頂いたフミンスキーさんから、1つ頂いてしまった。ありがとうございました。 >フミンスキーさん

 ご自分でカスタムされる方も多く、その作品の数々も拝見するのも楽しかった。
 子連れ狼さんには、タナカのボディーガードのシリンダーがよく回るように改良をして頂いた。ありがとうございました。 >子連れ狼さん

 いつももことだが、愉しい時間というものは過ぎるのが早い。
 時計を気にしていたのだが、もう少しもう少し、と思っていた結果、随分と長居をしてしまった。

★Tさん
奥様の体調が優れないにも係わらず、深夜まで騒いでしまい、申し訳ありませんでした。これに懲りずにまた呼んでください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/06/11

第3回自慢軍団幹部会『6月の嵐』

 去る9日のこと。
 某県にある世界自慢軍団支部長宅にて第3回ミーティングが開催された。その名は『6月の嵐』。別名『6月の積み木崩し作戦』。またの名を『6月のT総裁に平伏す会』。またあるときは『世界・自慢は程々にしようじゃない会』。っていくつ名称があるのだろう・・・。それはともかく。

 以前から参加させて頂きたいと思っていたこの会合であるが、念願が叶い参加させて頂くことができた。「どんな会合なのだろう?」、「どんな素晴らしいコレクションを拝見できるのだろう?」、「苛められないだろうか?(^^;」などと疑心暗鬼で臨んだが、そんな思いは取り越し苦労であったことがすぐに判った。偽レーサーTさんをはじめ、みなさんいい方ばかりであった。

 かねてから、偽レーサーTさんの素晴らしいコレクションを拝見したいと思っていたのだが、内気な私は素直に「見せてください」とは言えず、おそるおそる「何挺くらいお持ちなのですか?」と尋ねてみた。すると「そんなに持ってないですよ。見ますか?」とのこと。すかさず「はい!」とお答えし拝見させて頂くことに。
 いままで、お写真でしか拝見したことがないコレクションの数々が目の前に! 語彙が貧困な私には、それはもう感動としか表現できません。その中から1挺を取り出し「これあげるよ」とのお言葉。一瞬、我が耳を疑いましたが、有難く頂戴させて頂きました。(^^)

 その後も、奥様の美味しい手料理に舌鼓を打ち、ビールを呑み、楽しい会合は続き、やがて、皆さんそれぞれの自慢の品への披露へと進む。
 ここでも内気な私は、おそるおそるその輪の中へ。流石、幹部のみなさん。普段あまり見かけることができない品々がスラリと並ぶ。そこで、偽レーサーTさんが「これ○○○に造らせたんだ。xxxkだぜ。」と話されていた。私に向かって「これ、あげる」。えっ、今何と仰いました? と思いつつ「また、またぁ(冗談ですよね?)」と言う私に、「○○賞!」とのこと(今後に差し支えるので伏字にしてあります)。

 とても楽しい時間はあっという間に過ぎ去った。
 色々と貴重な話も聞くことができ、充実した日になった。
 最後になりましたが、偽レーサーTさん、貴重なコレクションをありがとうございました。大切に致します。

Jun_storm_01
 偽レーサーTさんに頂いたコレクション。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/04/26

楽しかったひととき

 それは24日のこと。
 相互リンクさせて頂いている『男は強くなければ…』の管理人である僕は…さんが上京された。僕は…さんのBlogで、flat_outさん、真夏のひなあられさんと逢う約束をされていることを知ったので、私も仲間に入れて頂くことにした。
 かくて、「僕は…さん上京記念 緊急ミニoff」(勝手に命名)が実現した。

 仕事を定時で終え、待ち合わせ場所へ向かう。最寄駅から僕は…さんに連絡をすると、既にflat_outさん、真夏のひなあられさんは到着している様子。
 挨拶を済ませ食事へ。しかし、流石、金曜日とあり満席と言われる。3件目でようやく落ち着くことができた。

 まずは乾杯! 適当に料理を頼む。
 注文を取りにきたお姉ちゃんにflat_outさんが「おすすめは?」と聞くと、そのお姉ちゃんは「これがワイルドでいいですよ」と。そう言えば、あのお姉ちゃんちょっと可愛かったなぁ。(^^)ゞ

 テッポウ談義に花が咲く。
 普通ならまずまずもってお逢いすることがない場所(遠方)にお住まいの方とお逢いできるのもネット仲間のいいところ。ネットでお付き合いをさせて頂いていたせいか、初めてお逢いした気がしないのが不思議。永年の友人であるかの如くワイワイガヤガヤ。

 ふと、気が付くと「ワイルドなやつ」が来ていない。どうやら他のテーブルに出してしまったらしい。店員が申し訳なさそうに持ってきたその料理は確かにワイルドだった。

 同じ趣味の者同志が集まるというのはいいものである。話題が途切れることがないのがいい。あっという間に時が過ぎる。店も閉店の様相を呈してきた。「あっ!」という間の4時間だった。

●僕は…さん
 美味しいお土産をありがとうございました。
 かみさんと子供達に大好評でした。特にとろけるお菓子はかみさんが感動していました。切り株のお菓子は 「あっ!」という間になくなりました。次回は実費で送ってください。(^^)

●真夏のひなあられさん
 素敵な品をありがとうございました。
 Blogで使わせて頂きます。製作をお願いすることもあるかもしれません(勿論実費で)ので、宜しくお願い致します。

●flat_outさん
 ごちそうさまでした。
 きちんとお礼を申し上げず、大変申し訳ありませんでした。
 その後、お体の具合は如何でしょうか? あまり無理をされません様に、ご自愛ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/03

充実した一日

 今日は、flat_outさん宅へお邪魔させて頂いた。
 お部屋に入っての第一印象は「カッコいい!」であった。私の部屋とは大違いで正に「男の隠れ家」の様相を呈していた。いつかはあの様な部屋に模様替えをしてみたいという夢まで見てしまった。多分、無理だろうけど・・・。(^^;

 数々の素晴らしいコレクションを拝見させて頂いたり、私が所有しているToyGunを多少持っていって見て頂いたり、私が普段リアル界でToyGunの話しをする友人がいないこともあり、話しが弾み時間があっという間に経過した様な気がする。

 正月休みも残すところあと一日。今日のお陰で「また仕事を頑張ってToyGunを買うぞ!」という活力が出てきた。久し振りに充実した一日になった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)