Marushin

2009/08/01

WALTHER PPK/S

Marushin_walther_ppks_01
 Marushin WALTHER PPK/S  Heavy Weight Model Gun.

 購入したのが約3ヶ月前。やっと撮影の時間が取れた。

 ワルサー社のシンプル・ブローバックDA(Double Action)オートには、PP, PPK, PPK/S, PP Superの4種類がある。最初に登場したのがPPで1929年であった。PPKは、そのKurz(ショート・軽量・コンパクト)モデルとして1931年に登場した。しかし、ケネディ暗殺事件が契機とされている、1968年の銃規制法改定により、アメリカではPPKサイズ以下の銃が輸入できなくなった。そこで登場したのが、このPPK/Sである。

 PPK/Sは、全長はPPKと同じであるが、グリップ部分をPPKより弾1発分長くしたアメリカ向けの輸出モデルであると言われている。全長がPPK、全高がPPと同じサイズになるということだろうか。つまり、PPのフレームにPPKのスライドとバレルを組み込んだ、いわゆる「ニコイチ」モデルということになる。

Marushin_walther_ppks_02
 刻印部分。
 ワルサー社と正式契約をしているので、同社のロゴがしっかりと入っている。
 “Ulm/Do”の“Do”の刻印が薄い気がするが、この固体だけだろうか?

Marushin_walther_ppks_03
 反対側の刻印。
 ワルサー社公認であることを示す“Licensed Trademark of Carl Walther GmbH Germany”の刻印が入っている。
 “MARUSHIN MADE IN JAPAN”の刻印は消したいと思うのは私だけだろうか?

Marushin_walther_ppks_04
 チャンバー付近。
 ヘアラインの様な加工がされている。

 全体的な仕上げは、鋼鉄感があってなかなか気に入っている。
 持ったときの重量感がいまひとつ。もう少し重量が欲しいところ。
 Pachmayrのラバーグリップを付けてみるものいいかもしれない。

Marushin_walther_ppks_05
 最近、紳士!偽レーサーTさんの影響で、縦型の写真を好む様になってきた。「銃の写真は縦」という気もしてきた。

Marushin_walther_ppks_06


■諸元(Marushin社 公式値)
 ・Item:WALTHER PPK/S
 ・Function:NEW Plug fire cartridge Blowback/Single&Double action
 ・Cap Powder:5mmPlug fire cap
 ・Capacity:8shots
 ・Power Source:5mmPlug fire cap
 ・Ovallength/Weight:168mm/440g(HW)
●Licensed Trademark of Carl Walther GmbH Germany

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/05/23

待ちに待った

Marushin_walther_ppk_01
 待ちに待ったオールHW。
 買っちゃいましたぁ(^^)
 4月発売もの予定が延びて、やっとの発売。
 前回のダミーカートモデルのときも発売が延びていた様なので、ある程度は予想していたけど・・・。

 4月初旬頃、Marushinに問合せたときは「発売日未定」との返事。その後、下旬にもう一度問合せたときは「5月下旬予定。日付は未定」との返事。19日に何気なくMarushinのHPを見たら「5月20日発売」と記載。ふ~ん、やっと決まったんだ。って明日じゃん。(^^;;
 早速、いつも行くショップへ電話して価格を問合せるも、入荷していないからまだ販売価格は判らないとのこと。仕方がないので予約可能であることを確認してその日は終了。
 翌日(発売日)はバタバタしていて電話できす。21日に「売り切れちゃったかも」と思い乍らショップへ電話。運がいいとか悪いとか人は時々口にするけど、そういうことは確かにあって、まだ残っていた。(^o^) 早速、予約をして翌22日の会社帰りに買ってきた。

Marushin_walther_ppk_02
 これが中身。
 今回のモデルは、スムース木製グリップが付属している。
 詳細はまた後日。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/11/22

TAKA Custom 05 Sight Model ( MARUSHIN )

Marushin_m1911a1_01
 映画「まだまだあぶない刑事」で舘ひろし氏が演じた鷹山刑事が使用した銃に似せて製作したもの。製作したと言うと聞こえがいいが、プロの手による加工。
Marushin_m1911a1_02
 ベースとなっているのは、MARUSHINの組み立てキットモデルガンのM1911A1である。
 実際に映画で使用したプロップガンのベースはMGC製らしい。
 MARUSHINをベースに製作したプロップガンが販売されているが75k超えでおいそれと入手できる価格ではない。ここにupしたものは、それに少しでも近づけようと依頼して製作してもらったのものである。加工内容は、以下の通り。
 ・スライド塗装
   ヴィンテージフィニッシュ
 ・フレーム塗装
   マッドブラック
 ・フロントおよびリアサイト
   販売されているプロップガンと同じ
 ・グリップ
   Pachmayr GM-45CSを2ピースにカット
 ・ランヤードリング
   除去
Marushin_m1911a1_03
 発火できる様にカートも付いているが、勿体無くて未発火である。
 今回の画像はかなり手抜きになった。(^^)ゞ

 最近、資金難なので手放すことを考えたりしている。
 しかし、知っている人が見れば中途半端な加工のこの銃。
 売れるのだろうか・・・。(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/29

SMITH & WESSON M586 4in ( MARUSHIN )

Rimg0155 Rimg0156

Rimg0157 2006年8月に購入。
MARUSHINの組み立てキットモデルガン(HW)がベース。
プロの手による組み立ておよび、塗装が行なわれている。塗装は鋼鉄感のあるヴィンテージフィニッシュ。
購入価格は約40k。
M586は同じ4inモデルをMGCで所有していたが、本モデルがHWであることと、リアル感がある様に思えたので購入してしまった。
これは勿論未発火。勿体無くて、とても発火する気になれない。(^^;
Mgc_marushin先にupしたMGC並べてみた。
下がMGC
上がMARUSIN

| | コメント (2) | トラックバック (0)